内視鏡検査

Endoscopy

Upper endoscopy
上部内視鏡検査
(胃内視鏡検査)

 

上部消化管内視鏡検査
(胃内視鏡検査)

内視鏡検査は食道・胃・十二指腸の病気の早期発見に有効な検査です。近年の内視鏡器具や検査技術は格段に進歩しており苦痛もより少なく、より精密な検査を行うことが可能となっています。

経口内視鏡
経口内視鏡検査

内視鏡を口から挿入し、先端の超小型カメラで食道や胃の粘膜を画面に映し出して状態を評価します。内視鏡は非常に細いので苦痛も少なく検査を受けることができます。

経鼻内視鏡
経鼻内視鏡検査

鼻から内視鏡を挿入するので舌の根元にあたらず口から挿入するより吐き気などの不快感はより少なくなります。極細の内視鏡を使用しますが、鼻に挿入して痛みや違和感がある場合は口からの挿入に変えることができます。

上部(胃)内視鏡検査でわかる疾患

上部内視鏡検査では、胃がん、食道がん、十二指腸がんといった悪性腫瘍などの他に、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、胃ポリープ、十二指腸ポリープ、逆流性食道炎といった疾患の診断・検査に有効です。

胃内視鏡検査の流れ

検査前

まずは診察にお越しください。

現在の症状やこれまでの病歴などを伺います(人間ドックや健診で引っかかった方は、検査結果一式をお持ちください)。続いて、必要に応じて腹部の触診などの診察を行います。検査が決まったら、患者様のご都合を聞きながら検査日程を決定し、ご予約をお取りし、検査についての詳しい説明を行います。また、内視鏡検査に必要な血液検査を行います。

症状や最終の食事摂取時間を踏まえて緊急内視鏡検査も施行します。

診察時にお持ちいただくもの
  • 保険証
  • 服用中のお薬がある方は、お薬手帳などお薬の内容がわかるもの
  • 人間ドックや健診で引っかかった方はその検査結果一式

原則として、前日の食事制限は必要ありませんが、なるべく21時までに食事を済ませてください。当日の朝は食べないでいらしてください。水分は、水やスポーツ飲料など、色のついていないものならば問題ありません。服装は、なるべく楽な格好でお越しください。

検査当日
1.受付(問診票記入)
スタッフの指示に従ってご記入ください。わからないことなどございましたら、お気軽にお尋ねください。
2.問診
内視鏡検査を行う事前チェックとして問診を行いますので、質問にお答えください。
3.診察
検査前に、診察を行います。検査を行うにあたり、問題が無いかを確認します。また、検査前処置や検査方法など、検査完了までの流れをご説明します。
4.検査
内視鏡検査を行います。力を抜き、リラックスして受けてください。検査は5~10分で終わります。
5.検査終了後
検査が終わって身支度を整えたら、少し休んでください。気分が悪い時は、お申し出ください。お休みいただいた後、検査後の注意事項の説明があります。
6.検査結果の説明
画像をご確認いただきながら検査結果の説明を行います。
 
1.受付(問診票記入)
スタッフの指示に従ってご記入ください。わからないことなどございましたら、お気軽にお尋ねください。
2.問診
内視鏡検査を行う事前チェックとして問診を行いますので、質問にお答えください。
3.診察
検査前に、診察を行います。検査を行うにあたり、問題が無いかを確認します。また、検査前処置や検査方法など、検査完了までの流れをご説明します。
4.検査
内視鏡検査を行います。力を抜き、リラックスして受けてください。検査は5~10分で終わります。
5.検査終了後
検査が終わって身支度を整えたら、少し休んでください。気分が悪い時は、お申し出ください。お休みいただいた後、検査後の注意事項の説明があります。
6.検査結果の説明
画像をご確認いただきながら検査結果の説明を行います。

Large intestine endoscopy
下部内視鏡検査
(大腸内視鏡検査)

 

下部内視鏡検査
(大腸内視鏡検査)

近年、食生活の欧米化により、日本人にも大腸がんが急増しています。大腸がんの早期には症状の無い場合が多く、発見が遅れる場合が少なくありません。大腸がんについては、早期発見(大腸がんになる前のポリープのうちに切除すること)により、大腸がんによって命を落とす可能性をゼロに近づけることが可能です。

大腸内視鏡検査は、肛門から内視鏡を入れて大腸内を直接観察する検査です。おしりから大腸の最深部(盲腸)まで内視鏡を進め、抜きながら大腸の表面粘膜を観察します。この内視鏡の先端には、小型の高感度電子カメラが取り付けられており、さまざまな大腸の病気の発見に役立ちます。

大腸内視鏡検査でわかる疾患

大腸がん、大腸ポリープ、炎症性疾患などの病気を見つけ、診断するのに非常に有効です。また組織の一部を採取したり、病変を切除し、摘出したりすることも可能です。

大腸内視鏡検査の流れ

検査前

まずは腹部の診察をさせていただきます。

現在の症状やこれまでの病歴などを伺います。(人間ドックや健診で引っかかった方は、検査結果一式をお持ちください)。続いて、必要に応じて腹部の触診などの診察を行います。

検査が決まったら、患者様のご都合を聞きながら検査日程を決定し、ご予約をお取りし、検査についての詳しい説明を行います。また、内視鏡検査に必要な血液検査を行います。

診察時にお持ちいただくもの
  • 保険証
  • 服用中のお薬がある方は、お薬手帳などお薬の内容がわかるもの
  • 人間ドックや健診で引っかかった方はその検査結果一式
検査前日

診察時にくわしくご説明した食事内容や注意事項を守っていただき、夜、下剤を飲んでいただきます。

検査当日
1.前処置
朝、ご自宅で下剤を服用していただきます。腸内の洗浄が完了したら昼ごろに来院していただきます。検査までに状態を確認し、ソファでゆっくりお待ちいただきます。
2.検査
腸の洗浄が完了したら検査にお入りいただきます。全身状態を確認した後、鎮静剤を注射し(当院は、大腸内視鏡検査では、鎮静剤を使用します)、半分眠ったような状態で検査を行います。内視鏡を挿入し、大腸全体を観察します。ポリープが見つかった場合は、同時に切除することも可能です(ポリープがあった場合の処置については、検査予約時の診察の際にご説明、ご相談いたします)。検査時間は腸管の癒着やポリープ切除などの処置の内容によって要する時間が異なります。
3.検査終了後
検査終了後は鎮静剤の効果が消失し、立位歩行が可能になるまで、ベッドに寝たままお休みいただきます。40~60分程度お休みいただき、全身状態を確認した後、着替えていただきます。
4.検査結果の説明
検査結果の説明検査の結果について、モニターを見ながらご説明いたします。ポリープ切除を行った場合や組織の一部を採取した場合などは、検査後の日常生活にも注意事項がありますので、併せてご説明いたします。なお、採取したポリープや組織の検査結果は、約2週間後に出ますので、その結果の説明は後日外来にて行います。

ポリープ切除

大腸内視鏡検査を行った際に大腸ポリープが見つかった場合、内視鏡を用いた切除を行っております。ポリープの大きさ・形状・存在部位などから切除可能かどうかを的確に判断すれば、日帰りでも十分に安全に切除できます。ただし大きなポリープ、がんが疑われるポリープなどは切除後のリスクが高いため、大学病院、総合病院などの医療機関にご紹介するケースもあります。

ACCESS

  • 〒222-0002
    神奈川県横浜市港北区師岡町700番地
    (トレッサ横浜内)
  • 東急東横線「綱島駅」車で10分
    大倉山駅 車で8分
    駐車場有り
    (駐車場は2700台収容で全日無料)
■お車でお越しの患者様
(駐車場は2700台収容で全日無料)
http://www.tressa-yokohama.jp/access/
■電車・バスをご利用の場合
http://www.tressa-yokohama.jp/access/bus.html
■駐車場のご案内
http://www.tressa-yokohama.jp/access/parking.html
■駐輪場のご案内
http://www.tressa-yokohama.jp/access/parking4.html
■駐車場から館内アクセス
http://www.tressa-yokohama.jp/access/parking3.html
■徒歩・タクシーでお越しの場合
http://www.tressa-yokohama.jp/access/walk.html